ロングライフ住宅を提唱するヘーベルハウス

ヘーベルハウスは化成品大手の会社である旭化成が母体となるハウスメーカーです。この会社は他のハウスメーカーに先駆けていち早くロングライフ住宅を提唱し、60年保証という驚くべき長期の保証システムを採用しています。この安心感を強調する手法を武器にして全国で力強い営業展開を図っています。このメーカーの特徴は機能と構造で他との差別化を図っていることです。特にネオマフォームという断熱材で鉄骨の外部側を覆ってしまい、鉄骨系の弱点とされるヒートブリッジ(熱橋とも言われる、結露などになる原因)に向けての対策はいま注目を浴びています。なお、モジュール(交換可能な構成部分)の関係から間取りの制約は多いようですが、外観的には四角くて硬いイメージがあり、どちらかといえば男性向きで、女性の評判は今ひとつ冴えないようです。

ヘーベルハウスのライバルメーカーは

ヘーベルハウスと競合するメーカーは多くの場合はダイワハウスになります。2社を比較しますと、価格面ではヘーベルハウスの方が一般的に見積もりが高くなっているようです。この両者が競合する場面では、一部の営業マンは商品の構造や仕様などについての相手を批判することばかりに熱心なようですが、施主しては、そうした営業マンの姿勢には安易に同調すべきではありません。自らの目と判断力で正しく評価する必要があります。

ヘーベルハウスに対する施主の声

ヘーベルハウスの対する施主の声で最も多いのは「価格が高い」というものではないでしょうか。しかしヘーベルハウスでは他社とは異なる鉄骨が使われていますから、本当に高いかどうかははっきり分かりません。また良い評価としては、耐震強度はハウスメーカーの中で一番高い、という印象を抱いている施主が多いようです。ただ設計段階では保守的で自由度が低い、ことに不満を抱いている施主もいるようです。